Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ニュースから仮想通貨を知る㊱(仮想通貨ニュース2017/3/19)

仮想通貨

ニュースから仮想通貨を知る㊱(仮想通貨ニュース2017/3/19)
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

中国の新ガイドライン回覧「身分証明とリモートビデオ認証」|仮想通貨取引所に導入検証

中国が新たなガイドラインを出しました。
仮想通貨取引所に規制がかかるのは
誰もが想像していたことですが、
身分証明の提出、
そしてリモートビデオ認証を
導入する方向が伝えられています。
  
15日の夜から報じられている各方面では、
規制の背景に隠れる中国の思惑なども
伝えられています。

出典 http://virtualmoney.jp

筆者の考えです。

仮想通貨のニュースに
何度も登場する国
中国
  
新たな動きですね。
身分証明の提出と
リモートビデオ認証
ですか。
  
インターネット自体を
規制している国ですからね。
インターネットのお金である
仮想通貨を規制するのは
当たり前なのかもしれません。
  
中国政府も
これから法定通貨から
仮想通貨に移行する動きを
無視するわけにはいきません。
何か対策を立てなければ
世界から取り残されてしまいます。
  
そもそも、直接的な理由ではないですが
約30%が偽札だという人民元が
国際通貨になるかも知れない
という情報が流れた時
現在の紙の通貨の価値が下がる
可能性があるという事を
考えたアメリカが
今の通貨に代わるものを模索していた
という事実もあります。
  
つまり、
仮想通貨は中国の人民元対策
大きく言うと
中国対策に作られたものだ
と言っても過言では無いでしょう。
  
中国政府が国民に対しては
規制というか管理ですね
中国政府は国民を徹底的に
管理する事が目的です。
共産主義として国を維持するには
仕方の無い方法なのかもしれませんが・・・
  
他には、
マネーロンダリングと
税金対策も
規制の理由と言われています。
  
税金に関しては
中国だけの問題ではなく
これからの
全世界で共通する
問題になってきますね
  
どちらにしろ
世界一の人口である中国
その影響力は無視出来ない事です。
仮想通貨を国民が自由に使える状態だと
中国国民が仮想通貨の値動きを
コントロールする事も出来るわけです。
  
そういった面から考えると
中国政府とは違った意味で
規制をかけたほうが
いいのかもしれませんね

1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!