世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

ニュースから仮想通貨を知る㉙(仮想通貨ニュース2017/3/12)

仮想通貨

ニュースから仮想通貨を知る㉙(仮想通貨ニュース2017/3/12)
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

三菱東京UFJ「銀行API」開放へ|手をあげる企業続出“フィンテック”一歩前進

三菱UFJ
フィナンシャル・グループ(MUFG)が、
銀行法案改正を受けて、
三菱東京UFJ銀行のAPIを
公開することを明らかにしました!
  
まずは4月に法人、
秋には個人へと具体的な計画。
すでに手を挙げている企業が続出。
  
仮想通貨でも独走かと思える動きは、
フィンテック(FinTech)で
注目されるAPIもこの早さ、
外部やベンチャー企業との連携が
一気に加速すると見られます。
専門用語も含め詳しくご紹介いたします。

出典 http://virtualmoney.jp

APIを公開すると
他社が一からプログラムを組まなくても、
自社システムに「アクセス」を容易にし、
ネットや他社のアプリとの連携を
可能にする仕組みです。
  
銀行がAPIで提供できる機能は
幾つか考えられます。
例えば、
口座の残高照会や利用明細照会、
そして振替、振込など。

銀行APIを公開すると、
銀行の情報を使った「新サービス」を、
ユーザーに提供できるようになります。
また、アプリを作る方法の一つと
注目されてきました。
  
すでに先に提携している「freee」が
4月からMUFGの銀行APIを
活用する計画が進んでいると
伝えられています。
クラウド会計サービスに、
振り込み処理の自動化強化、
またオープンAPIの連携も
実用化される見通しだといいます。

出典 http://virtualmoney.jp

筆者の考えです。

仮想通貨やフィンテックで
日本の銀行の中で
常に一歩先を行く、
三菱UFJフィナンシャル・グループ
(MUFG)が、
  
またも、他に先駆けて
  
「銀行法案改正を受けて、
三菱東京UFJ銀行の
APIを公開することを
明らかにしました!」
  
との事です。
  
これにより、
フィンテック(金融+IT)で、
ベンチャー企業など外部との連携を
加速することになるとの事です。
  
ちょっと難しくて
よくわからないニュースですが
  
銀行法改正法に含まれている
API公開を
いち早く導入し
そのAPI公開によって
銀行が自社のシステムを
誰でも使えるようにする事で
仮想通貨などのフィンテックを
利用者とベンチャー企業が
直接やり取り出来る
という事ですよね。
  
政府はフィンテック分野で
日本がトップになるような
法整備をすすめています。
  
ベンチャー企業はたくさんの
利用者を増やしたいと努力しています。
  
利用者は
とにかく早くて安くて
便利なものを求めています。
  
そういったニーズを一手に解決出来る
という事ではないでしょうか
  
常に、
今世界で起きている事を
情報収集し、把握・分析し
将来どうなっていくのかを予測し
それぞれのニーズから
どういった手をうてばいいのか考え
迅速な動きでタイミングを計る
  
といった企業努力を
常に銀行全体で徹底している
というのが
メガバンクUFJなのでしょう。
  
日本人として
そういった銀行があるのは
一利用者として
誇らしいですね
  
実は筆者は
まだ、合併をする前の
地方銀行だった
「東海銀行」から
利用させていただいております。
  
それが今、日本のメガバンクになり
日本、いや、世界をリードしていく
というのは嬉しいですね。
  
仮想通貨が誕生した時には
いらない存在だった銀行ですが
今となっては
  
やっぱり銀行がやらないと
ダメだね
と言われている
必要な存在にかわってきていますね。

1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸