世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

ニュースから仮想通貨を知る㉞(仮想通貨ニュース2017/3/17)

仮想通貨

ニュースから仮想通貨を知る㉞(仮想通貨ニュース2017/3/17)
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

欧州議会(EU)は仮想通貨の匿名禁止に|IDを関連付ける法案6月26日タイムリミットか

欧州議会(EU)が、
仮想通貨ビットコインを含むデジタル通貨の
規制を高めるといいます。
  
匿名性を許さずIDと紐づける策を
講じるようです。
2017年末ではなく、
6月がタイムリミットで急いでいる様子が
過去から予測されてきました。
  
偶然か、今後のあのETFにも関係してくるのかと
個人の憶測もすすみます。

出典 http://virtualmoney.jp

筆者の考えです。

匿名禁止ですか。
マネーロンダリングやテロ資金調達を
防ぐための法案という事ですね。
  
確かに、ビットコインが普及してきた裏には
犯罪組織の存在があった事は事実です。
  
国や銀行が管理しない
通貨ですから
取引所に開示や紐づけを
管理してもらう可能性がでてきます。
もしくは何かのシステムでデータとして残す。
個人の報告義務を法的にしていくのか。
他のシステムを経由しなければならないなど、
ほかの手順を施す必要も
考えられますね。
  
つまり、自分の所有している
仮想通貨のIDを
どこかの組織で管理しよう
それを、取引所にするのか?
その取引所をとりまとめる
組織が必要で
それを、どの組織にするのか?
新たに作り出すのか?
いろいろな課題があります。
  
もちろん、個人情報保護という観点から
セキュリティ対策も万全でなくては
ならない
それこそ、
国レベルでの管理が
必要です。
  
日本でも対応する必要がありますね。
最近始まったマイナンバー制度
ほとんど、活用されてないように
思いますが・・・
そのマイナンバー制度と仮想通貨のIDを
連動させるような
システムを開発すれば
解決出来る問題ではないかと
筆者は考えます。
  
仮想通貨と
マイナンバー制度
両者とも
なかなか普及していないのが
現状ですが
この2つを連動させる事によって
一気に2つとも普及していくような
事が出来ませんかね?
  
ただ、これは国内だけの問題ではありません。
全世界で共通の通貨ですから
全世界で共有出来る
システム作りをする必要がありますね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸